見積もりを行う | 浴室やキッチンの水廻り環境を整えていくことは、とても大切
住宅設備を充実させて安心・快適な住まいへ

見積もりを行う

リフォーム見積時に出来るトラブル回避のテクニック

全ての施主がリフォームに満足している訳では無く、なかには施工業者とトラブルになるケースも存在します。トラブルとなるケースで、多くの原因となっているのが、見積時と実際の完成時において必要だった工事代金が違ったり、完成予想と違っていたりといったものです。 そのため見積は特にトラブルを回避するためにも重要で、そのテクニックも存在します。例えば追加工事の発生は、施工価格の増加を生むトラブル要因の1つです。その追加工事の発生を防ぐためにも、最初から土台が腐っていたりといった追加工事の発生ケースを想定して見積をしてもらうテクニックが有効です。 また施工の遅れもトラブル原因となりがちなので、その点も事前にどうするか取り決めをしておくテクニックがリフォーム見積時には有効です。

施工前に実物をモデルハウスや施工事例で確認する工夫がもたらす利点

一度施工を始めてしまうと、リフォームは大きな変更を加えることが難しくなります。後々予想していたイメージと違う、といったトラブルを避けて、より理想とするリフォームを実現するためには工夫できることもあります。 そのための工夫できることが、事前に仕上がりイメージを知るために実物を見学しておくことです。例えば外壁リフォームならば、使用するモルタルやサイディング類について、実物を見ておくのは理想的なリフォームにつながりやすくなります。 外壁の場合はサンプルでもらう、小さな実物よりも実際の仕上がりイメージが分かる、モデルハウスや過去の施工事例の見学が特に有効です。このようにして、リフォーム前に実物を見ておく工夫で、仕上がりのイメージが分かりやすくなり施工後のトラブルを避けることにもなります。